猫の手も借りたいほど忙しいなら電話秘書に依頼しよう

  1. ホーム
  2. 欠員が出ても安心できる

欠員が出ても安心できる

カレンダー

見逃しを回避できる

大きな会社ほど、各部署、各人のスケジュールは異なるものです。しかし、一人でも欠員が出てしまうと、仕事が動かなくなってしまうのは困ります。誰でも時には体調を崩して休んでしまうことはあるはずです。そんな時のためにも、スケジュールは社員みんなで共有しましょう。全員ではなく、せめて各部署で共有することをお勧めします。そうすれば、部署内で欠員が出ても、誰かが代行することもできやすくなるはずです。また、当人がスケジュールを忘れてしまっていても、共有している誰かが思い出してくれることがあります。このようにすれば、予定の見逃しもなく、仕事もスムーズに運ぶことができるというわけです。それから、上に立つ人ほど、各社員のスケジュールを把握できるようにしておきましょう。部下にやらせっぱなしでは、どこまで何が進んでいるのか分かりません。仕事の進捗度も共有できるので、上司としても安心できます。このようなスケジュールは社内で管理することになります。社内管理ソフトとして共有できるものがあるので、導入してみましょう。慣れるまでは使いにくく感じられることもありますが、慣れてくればとても便利なものだと分かるはずです。また、実際に導入してから、仕事がスムーズに進むようになったという会社も多くなっています。常に、社員みんなのスケジュールを管理できている会社ほど、仕事も滞りなくできるようになるものです。通常、スケジュールは会社のパソコンで共有されることになります。