猫の手も借りたいほど忙しいなら電話秘書に依頼しよう

  1. ホーム
  2. ESはCS並みに重要

ESはCS並みに重要

ウーマン

経営ビジョンが一番重要

企業が今まで重要視してきたのは顧客満足度と呼ばれるCS満足度向上でした。しかしこれは最も大事な要素であることに代わりありませんが、同時に大事にしなければならない満足度があります。それはES満足度とも呼ばれる従業員満足度です。企業は人によって構成されています。つまり従業員が企業の収益を生み出す源になっているのです。この従業員の満足度向上をなくして成長はないのです。そのため、従業員満足を向上させるための施策を行う企業が多くなっているのです。労働生産性と従業員満足度には高い相関関係があります。つまり、従業員満足が成されれば労働生産性は格段に向上するのです。給料や福利厚生がメインと考えているのが一般的ですが、もっと大事なのは仕事が楽しくなるような環境やビジョンなのです。経営の透明性などを根源に掲げる経営者が多くなっていますが、これは従業員の満足度向上のための一環になるのです。上司や部下との関係や企業の風土や環境などをベースに方向性の統一されたわかりやすい経営方針やビジョンなどは働く者の士気を高める材料になります。どんなに給料が高く、立派な福利厚生があっても、働いている時間の満足度が向上されなければ、本当の意味での満足度向上にはつながらないのです。もちろん人事評価などの適正化などを行う事も必要ですが、それはこれらの風土が出来上がったあとの問題です。経営者は満足度向上の順序を間違えてはならないのです。